永井 豪/GO NAGAI

23歳



GO HISTORY

1945年(S20)9月6日石川県輪島市河井町に永井芳雄・冨士子夫妻の男五人兄弟の四男として生まれる(本名潔)。
1952年(S27)4月輪島小学校入学。7月一家そろって上京。
1958年(S33)2月4日父・芳雄、病没。東京都豊島区立大塚台小学校卒業。
1961年(S36)豊島区立西巣鴨中学校卒業。
1964年(S39)都立板橋高校卒業。大学受験にわざと落ち早稲田予備校へ。
1965年(S40)石森章太郎氏のアシスタントとなる。「サイボーグ009 地下帝国ヨミ編」「トッポ・ジージョ」「黒い風」「怪人同盟」「おかしなあの子 さるとびエッちゃん」「ミュータント・サブ(初期)」「佐武と市捕物控(少年サンデー読切)」などを担当。
1967年(S42)石森プロ退社、独立する。ぼくら11月号「目明かしポリ吉」でマンガ界にデビュー。
1968年(S43)蛭田充がアシスタントとなる。「ハレンチ学園」が空前のブームとなる。
1969年(S44)4月有限会社ダイナミックプロダクション設立。石川賢入社。
「鬼」の執筆中高熱にみまわれ少年マガジン1970/1/1号「キッカイくん」休載。
1970年(S45)4月株式会社ダイナミックプロダクションに変更。
永井豪ファンクラブ設立(名誉会長 筒井康隆)。
5-6月病気のため ジャンプ6/1,6/8号「ハレンチ学園」マガジン5/17号「キッカイくん」チャンピオン6/3号「あばしり一家」ぼくらマガジン6/23,6/30号「ガクエン退屈男」フレンド5/26,6/2号「こまっチャーム」休載。
1971年(S46) 4月「チャカぽこ」で学年誌7誌同時連載。
1972年(S47) 1月 週刊少年5誌連載制覇(1/16〜2/13の5週間)。
伝説の永井豪少年雑誌5誌制覇
週刊少年ジャンプ
週刊少年チャンピオン
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
週刊少年キング
「ハレンチ学園」
「あばしり一家」
「オモライくん」
「ケダマン」
「スポコンくん」
6月病気のため ジャンプ6/12「ハレンチ学園」チャンピオン6/12号「あばしり一家」休載。
6月「デビルマン」連載開始。
10月「マジンガーZ」連載開始。巨大ロボットと超合金がブームとなる。
1973年(S48) 「ドロロンえん魔くん」で11誌同時連載。
1974年(S49)4月株式会社ダイナミック企画設立。
1978年(S53)SF作家クラブ加入。漫画家では手塚治虫につぐ2人目。
1980年(S55)「凄ノ王」で第4回講談社漫画賞受賞。
1982年(S57)9月26日結婚。新婦は肥後純子さん。
11月自転車事故で左下腿骨折を受傷し手術を受ける。コロコロコミック12月号,1983年1月号「鉄戦士ムサシ」休載。週刊少年マガジン「This is 大介」終了。
1989年(H7)「永井豪のこわいゾーン」でビデオ監督デビュー。
1995年(H7)12月、日本SF作家クラブ会長に就任(〜1999)。
1997年(H9)6月20日、永井豪 デビュー30周年記念パーティが日本SF作家クラブ主催で開催。祝辞は石ノ森章太郎、乾杯の音頭は小松左京、司会は神谷明。
9月6日、銀座「文春画廊」での「原画とリトグラフ展」最終日、私が永井豪先生と対面を果たす。
1998年(H10)7月4日いわき市立美術館にて「永井豪世紀末展」開催。以降、新宿・三越美術館、北海道立旭川美術館、福岡県立美術館と全国巡回。
1999年(H11)「永井豪新人大賞」を「マガジンZ」(講談社)にて創設。
2000年(H12)4月17日「SF漫画の世界展〜永井豪・手塚治虫二人展」を宝塚市立手塚治虫記念館にて開催。
2002年(H14)永井淳子ファンクラブによる「永井豪 淳子夫妻 結婚20周年記念 marriage HAPPY WEDDING MEMORIAL BOOK」同人出版(非売品)。
2005年(H17)4月大阪芸術大学キャラクター造形学科教授に就任。
9月6日還暦
2006年(H18)11月15日22:08、石川賢、甲府でのゴルフ後のカラオケの席で突然死。享年58歳。
2007年(H19)12月26日「奇想奇抜 〜永井豪の40年〜」をサンシャインシティ(東京都豊島区)にて開催。
2009年(H21)4月25日「永井豪記念館 GO NAGAI Wonderland Museum」が石川県輪島市にオープン。
2011年(H23)1月母:冨士子他界。享年102歳。
11月体調不良のため「激マン!」7ヵ月休載。→2013年6月再開→9月「デビルマンの章」完。
2012年(H24) 7月14日「永井豪マンガの軌跡」を石ノ森章太郎ふるさと記念館(登米市)にて開催。
10月26日「鉄腕アトムからマジンガーZへ」を宝塚市立手塚治虫記念館にて開催。
2014年(H26) 3月「東京アニメアワードフェスティバル 2014 アニメ功労賞 原作者部門」表彰。
2015年(H27) 古希70歳→お祝い動画(制作:ふりーく北波やしき堅皇ホッシー


2017年(H29)デビュー50周年&結婚35周年
2020年(H32)ダイナミックプロ50周年・永井豪ファンクラブ結成50周年
2022年(H34)喜寿77歳&デビュー55周年&結婚40周年
2025年(H37) 傘寿80歳
2027年(H39)デビュー60周年
2032年(H44) 金婚式(結婚50周年)
2033年(H45) 米寿88歳
2035年(H47) 卒寿90歳
2037年(H49) デビュー70周年&結婚55周年(エメラルド婚)
2042年(H54) 結婚60周年(ダイヤモンド婚)
2044年(H56) 白寿99歳
2045年(H57) 百寿(上寿)とりあえず100歳までの記載とさせてください。
永井豪、かく語りき
いまの大人たちは、子どもが人間だということを忘れているのではないでしょうか‥‥‥子どもたちを可愛い人形と思っているのではないでしょうか。子どもは、大人と同じ人間なのです。大人の持っている欲望を、すべて持っている人間なのです。そこで私は、教育のワクに縛られ、おさえつけらえれている子どもたちの欲望を、思いきり発散して貰うつもりでこの漫画をかきました。(ハレンチ学園第一巻より)
ハレンチ学園には、大人の目から見ると、キチガイのような先生がでてきます。恥知らずで、ムチャクチャにはめをはずします。でも、子供たちの目からみるとキチガイではありません。大人と子供の垣根を越えて、本当にあけっぴろげの心で子供たちに迫ってくるのです。ハレンチ学園の先生たちは、子供たちにとって、人格を無視せずにつきあってくれる友だちなんです。仲間なんです。(ハレンチ学園第二巻より)
両親や先生をはじめとして、大人たちは、子どもに常識をおしつけようとします。しかし、子どもにとって常識いじょうに大切なことがあります。それは、常識やぶりの荒唐無稽な飛躍です。おもちゃから、はては人生までもが、画一化されてしまう現代において、子どもたちには、せめてマンガの世界でだけでも、あばれまくり、おおらかな精神の自由をとりもどしてもらいたい。(ハレンチ学園第三巻より)
豪ちゃんについて 大ファン:吉永小百合→ヒゲゴジラ「アッシは吉永小百合さんの大ファンでね。そこで生まれたのがこのヒゲゴジラ。にているかしら?サユリちゃんごめんなさい。」
いちばんキライなもの:トカゲ→帝王ゴール「恐竜帝国の帝王にはあっしのいちばんきらいなトカゲがピッタリでガス。」

自画像

「COM」
1967(昭42)1月号
夢まんが家アシスタント

「ぼくら」
1968(昭43)1月号
ヤダモンふろく

少年ジャンプ
1969(昭44)1/9
'69ジャンプでハッスル!!

少年ジャンプ
1969(昭44)7/10
色紙プレゼント

ぼくらマガジン
1971(昭46)1/1
魔王ダンテの永井豪です

少年サンデー
1971(昭46)5/30
私のデビュー作

少年サンデー
1975(昭50)冬休み増刊号
豪ちゃんファンクラブ

少年マガジン
1978(昭53)1/1
カス闘技世界一決定戦

永井豪の世界
1978(昭53)8月
LP(CDは1989)

永井豪ギャグ傑作集
1-3巻内扉イラスト
1979(昭54)5月

漫画アクション
1981(昭56)11/5
私の故郷

コミックボンボン
1982(昭57)6月号
スーパーにゃん

Happy Wedding
1982(昭57)10/4

Happy Wedding
1982(昭57)10/4

SFアドベンチャー
1983(昭58)7月号
新婚あつあつもラクじゃない

獅子王
1985(昭60)〜88(昭63)
豪・GOシアター

永井豪スペシャル
1988(昭63)11/15

週刊文春
1998(H10)2/19
もしもしコミック

デビュー40周年ロゴ
2007(H16)

直筆らくがき
2010(H22)4/25
記念館1周年イベント

手塚治虫記念館イベント
2012(H24)10月
描き下ろしイラスト

記念館内サイン
2014(H26)5/24
永井豪記念館5周年イベント

東京アニメアワード表彰状
2014(H26)5/24
永井豪記念館5周年イベント

ビッグコミック
2015(H27)10/25
デビルマンサーガ1巻発売告知

外国人による
永井豪評
BY FREDERICK PATTEN
BACK TO
THE WORLD OF GO NAGAI
TITLE PAGE