永井 豪/GO NAGAI

23歳



GO HISTORY

1945年(S20)9月6日石川県輪島市河井町に永井芳雄・冨士子夫妻の男五人兄弟の四男として生まれる(本名潔)。
1952年(S27)7月一家そろって上京。
1958年(S33)2月4日父・芳雄、病没。東京都豊島区立大塚台小学校卒業。
1961年(S36)豊島区立西巣鴨中学校卒業。
1964年(S39)都立板橋高校卒業。
1965年(S40)石森章太郎氏のアシスタントとなる。
1967年(S42)石森プロ退社、独立する。ぼくら11月号「目明かしポリ吉」で漫画界にデビュー。
1968年(S43)「ハレンチ学園」が空前のブームとなる。蛭田充がアシスタントとなる。
1969年(S44)有限会社ダイナミックプロダクション設立。石川賢入社。
「鬼」の執筆中高熱にみまわれ少年マガジン1970/1/1号「キッカイくん」休載。
1970年(S45)株式会社ダイナミックプロダクション設立。
永井豪ファンクラブ設立(初代会長・筒井康隆)。
5-6月病気のため ジャンプ6/1,6/8号「ハレンチ学園」マガジン5/17号「キッカイくん」チャンピオン6/3号「あばしり一家」ぼくらマガジン6/23,6/30号「ガクエン退屈男」フレンド5/26,6/2号「こまっチャーム」休載。
1971年(S46) 4月「チャカぽこ」で学年誌7誌同時連載。
1972年(S47) 1月 週刊少年5誌連載制覇(5週間)。
6月病気のため ジャンプ6/12「ハレンチ学園」チャンピオン6/12号「あばしり一家」休載。
6月「デビルマン」連載開始。
10月「マジンガーZ」連載開始。巨大ロボットと超合金がブームとなる。
1973年(S48) 「ドロロンえん魔くん」で11誌同時連載。
1978年(S53)SF作家クラブ加入。漫画家では手塚治虫につぐ2人目。
1980年(S55)「凄ノ王」で第4回講談社漫画賞受賞。
1982年(S57)9月26日結婚。新婦は肥後純子さん。
11月自転車事故で左下腿骨折。
1989年(H7)「永井豪のこわいゾーン」でビデオ監督デビュー。
1995年(H7)12月、日本SF作家クラブ会長に就任(〜1999)。
1997年(H9)6月20日、永井豪 デビュー30周年記念パーティが日本SF作家クラブ主催で開催。祝辞は石ノ森章太郎、乾杯の音頭は小松左京、司会は神谷明。
9月6日、銀座「文春画廊」での「原画とリトグラフ展」最終日、私が永井豪先生と対面を果たす。
1998年(H10)7月4日いわき市立美術館にて「永井豪世紀末展」開催。以降、新宿・三越美術館、北海道立旭川美術館、福岡県立美術館と全国巡回。
1999年(H11)「永井豪新人大賞」を「マガジンZ」(講談社)にて創設。
2000年(H12)4月17日「SF漫画の世界展〜永井豪・手塚治虫二人展」を宝塚市立手塚治虫記念館にて開催。
2005年(H17)4月大阪芸術大学キャラクター造形学科教授に就任。
9月6日還暦
2006年(H18)11月15日22:08、石川賢、甲府でのゴルフ後のカラオケの席で突然死。享年58歳。
2007年(H19)12月26日「奇想奇抜 〜永井豪の40年〜」をサンシャインシティ(東京都豊島区)にて開催。
2009年(H21)4月25日「永井豪記念館 GO NAGAI Wonderland Museum」が石川県輪島市にオープン。
2011年(H23)1月母:冨士子他界。享年102歳。
11月体調不良のため「激マン!」7ヵ月休載。→2013年6月再開→9月「デビルマンの章」完。
2012年(H24) 7月14日「永井豪マンガの軌跡」を石ノ森章太郎ふるさと記念館(登米市)にて開催。
10月26日「鉄腕アトムからマジンガーZへ」を宝塚市立手塚治虫記念館にて開催。
2014年(H26) 3月「東京アニメアワードフェスティバル 2014 アニメ功労賞 原作者部門」表彰。
永井豪、かく語りき
いまの大人たちは、子どもが人間だということを忘れているのではないでしょうか‥‥‥子どもたちを可愛い人形と思っているのではないでしょうか。子どもは、大人と同じ人間なのです。大人の持っている欲望を、すべて持っている人間なのです。そこで私は、教育のワクに縛られ、おさえつけらえれている子どもたちの欲望を、思いきり発散して貰うつもりでこの漫画をかきました。(ハレンチ学園第一巻より)
ハレンチ学園には、大人の目から見ると、キチガイのような先生がでてきます。恥知らずで、ムチャクチャにはめをはずします。でも、子供たちの目からみるとキチガイではありません。大人と子供の垣根を越えて、本当にあけっぴろげの心で子供たちに迫ってくるのです。ハレンチ学園の先生たちは、子供たちにとって、人格を無視せずにつきあってくれる友だちなんです。仲間なんです。(ハレンチ学園第二巻より)
両親や先生をはじめとして、大人たちは、子どもに常識をおしつけようとします。しかし、子どもにとって常識いじょうに大切なことがあります。それは、常識やぶりの荒唐無稽な飛躍です。おもちゃから、はては人生までもが、画一化されてしまう現代において、子どもたちには、せめてマンガの世界でだけでも、あばれまくり、おおらかな精神の自由をとりもどしてもらいたい。(ハレンチ学園第三巻より)
豪ちゃんについて 大ファン:吉永小百合→ヒゲゴジラ「アッシは吉永小百合さんの大ファンでね。そこで生まれたのがこのヒゲゴジラ。にているかしら?サユリちゃんごめんなさい。」
いちばんキライなもの:トカゲ→帝王ゴール「恐竜帝国の帝王にはあっしのいちばんきらいなトカゲがピッタリでガス。」
外国人による
永井豪評
BY FREDERICK PATTEN
BACK TO
THE WORLD OF GO NAGAI
TITLE PAGE