永井 豪/GO NAGAI

23歳

GO HISTORY

1945年(S20)9月6日石川県輪島市河井町に永井芳雄・冨士子夫妻の男五人兄弟の四男として生まれる(本名潔)。
1952年(S27)7月一家そろって上京。
1958年(S33)2月4日父・芳雄、病没。東京都豊島区立大塚台小学校卒業。
1961年(S36)豊島区立西巣鴨中学校卒業。
1964年(S39)都立板橋高校卒業。
1965年(S40)石森章太郎氏のアシスタントとなる。
1967年(S42)石森プロ退社、独立する。ぼくら11月号「目明かしポリ吉」で漫画界にデビュー。
1968年(S43)「ハレンチ学園」が空前のブームとなる。蛭田充がアシスタントとなる。
1969年(S44)有限会社ダイナミックプロダクション設立。石川賢入社。
1970年(S45)株式会社ダイナミックプロダクション設立。
永井豪ファンクラブ設立(初代会長・筒井康隆)。
5-6月病気のため ジャンプ6/1,6/8号「ハレンチ学園」マガジン5/17号「キッカイくん」チャンピオン6/3号「あばしり一家」ぼくらマガジン6/23,6/30号「ガクエン退屈男」フレンド5/26,6/2号「こまっチャーム」休載。
1972年(S47) 1月 週刊少年5誌連載制覇(5週間)。
4月「マジンガーZ」連載開始。巨大ロボットと超合金がブームとなる。
6月「デビルマン」連載開始。
6月病気のため ジャンプ6/12「ハレンチ学園」チャンピオン6/12号「あばしり一家」休載。
1978年(S53)SF作家クラブ加入。漫画家では手塚治虫につぐ2人目。
1980年(S55)「凄ノ王」で第4回講談社漫画賞受賞。
1982年(S57)9月26日結婚。新婦は肥後純子さん。
自転車事故で骨折。
1995年(H7)12月、日本SF作家クラブ会長に就任(〜1999)。
1997年(H9)6月20日、永井豪 デビュー30周年記念パーティが日本SF作家クラブ主催で開催。祝辞は石ノ森章太郎、乾杯の音頭は小松左京、司会は神谷明。
2005年(H17)4月大阪芸術大学キャラクター造形学科教授に就任。
2006年(H18)11月15日22:08、石川賢、甲府でのゴルフ後のカラオケの席で突然死。享年58歳。
2011年(H23)1月母:冨士子他界。享年102歳。
11月体調不良のため「激マン!」7ヵ月休載。
永井豪、かく語りき
いまの大人たちは、子どもが人間だということを忘れているのではないでしょうか‥‥‥子どもたちを可愛い人形と思っているのではないでしょうか。子どもは、大人と同じ人間なのです。大人の持っている欲望を、すべて持っている人間なのです。そこで私は、教育のワクに縛られ、おさえつけらえれている子どもたちの欲望を、思いきり発散して貰うつもりでこの漫画をかきました。(ハレンチ学園第一巻より)
ハレンチ学園には、大人の目から見ると、キチガイのような先生がでてきます。恥知らずで、ムチャクチャにはめをはずします。でも、子供たちの目からみるとキチガイではありません。大人と子供の垣根を越えて、本当にあけっぴろげの心で子供たちに迫ってくるのです。ハレンチ学園の先生たちは、子供たちにとって、人格を無視せずにつきあってくれる友だちなんです。仲間なんです。(ハレンチ学園第二巻より)
両親や先生をはじめとして、大人たちは、子どもに常識をおしつけようとします。しかし、子どもにとって常識いじょうに大切なことがあります。それは、常識やぶりの荒唐無稽な飛躍です。おもちゃから、はては人生までもが、画一化されてしまう現代において、子どもたちには、せめてマンガの世界でだけでも、あばれまくり、おおらかな精神の自由をとりもどしてもらいたい。(ハレンチ学園第三巻より)
外国人による
永井豪評
BY FREDERICK PATTEN
BACK TO
THE WORLD OF GO NAGAI
TITLE PAGE